【あぐり】感想ネタバレ第60話 真知子も武史も姉弟子も…全員デレで住み込み終了!

『あぐり』あらすじ(ネタバレ)第60話

昭和2年(1927)の春。

あぐりがチェリー山岡の内弟子となって2年が経った。
姑の光代は、1年前の冬に勇造のお披露目で岡山に帰ったきり一度も戻ってこない。
淳之介も光代と共に岡山に留まったきり。
あぐりは息子の淳之介と会えないままでいた。

 

チェリー山岡の娘 真知子が書いた詩が「青い鳥」の創作大賞に入選した。
チェリー山岡は上機嫌。
次の日は真知子のお祝いで臨時休業。

子供たちはすっかり心を開いている。
楽しい団らんを過ごすチェリー山岡。

さちは、子供たちが変わったのはあぐりのおかげだと言い、チェリーにあぐりに感謝するように言う。

翌日の休みの日。
あぐりは、家に帰るがエイスケの姿は無くひとりぼっち。

暇を持て余したあぐりはカフェ・セ・ラ・ヴィへ。
あぐりの寂しさを察した世津子は、岡山に電話をしてあぐりに出させる。

電話の向こうには淳之介。
淳之介は、片言の会話をできるようになっていた。
あぐりは涙ながらに、淳之介のことをいつも思っていると伝えた。

あぐりが泣いている姿を見た世津子は、チェリー山岡にそのことを話す。

チェリーはその話を聞いてある決心をした。

ある日、仕事場で弟子達皆を集めたチェリーは、
今後はあぐりを通いにさせることを宣言。
皆も将来母にとなるかもしれない身として、あぐりのことを理解して欲しいと訴えた。
それではさすがに不公平だとあぐりは遠慮するが、
弟子達は皆、拍手であぐりを受け入れた。

あぐりが山岡家を出る日。
真知子が淳之介へのプレゼントを渡してくれた。
プレゼントは靴。

真知子は以前チェリーがあぐりに靴を渡したときに嫌がらせをしたことを謝り、これまでのことをあぐりに感謝。

こうしてあぐりの住み込み修業が終わった。

 

真知子も武史も完全陥落

今日はいきなり2年ジャンプ。
あぐりがチェリーの内弟子となって2年経過。

2年の歳月はとんでもないものらしいwww
真知子も武史も完全にデレました!!!

真知子も、武史もすっかり子供らしく素直になってました。
さらについ口から出る英語もすっかり消えているwww
いかにも帰国子女らしい、ませた感じもすっかり無くなっているwww

デレたうえにすっかりキャラ変。
最近の武史なんかは、すっかりモブ化www

真知子なんて、心を開くようになったとしても、思春期だよね?
あんなに分かりやすく「子供」にならないだろ、普通(笑)

当時、子役の扱いって所詮そんなもんだったのね。
まだまだ技術的にもね、だし。

考えたら、澪つくしの昭和なんてただの暗唱大会だったし。
卒業式の「よびかけ」みたいだった。
あれ見ておしんの小林綾子さんがどんだけ天才子役だたったか思い知ったもん。

ドラマ内の子役は所詮添え物的に扱われていたのだろうなあ。
だから都合よくキャラ変もさせる。

 

そして現在の子役は、どれだけ進化しているかを思い知りますね。
もっときちんと芝居しているもんねえ。
おちょやんの毎田暖乃ちゃんなんて、完全に女優だったもん。

演じられるから、ドラマでもしっかり子供を描けるようになっているんだろうし。
シナリオも子供の心情まで掘り下げて描くように進化しているということ。

おしん→澪つくし→あぐり→おちょやん

こうやって過去の朝ドラを見ると「子役」とドラマ内の子供の扱いの進化も見られて興味深いです。

 

しかし、話を戻しますが、それにしても、都合よく変わったなあwww
しかも、あぐりのおかげ!
さすがAK!

呑気なあぐりに心を開くようになるというのは、考えられることではありますが、もっと時間をかけて描いてくれればいいのに。

 

さちもデレた

さちも、すっかりデレてましたー!

あの不機嫌な感じは、何だったんだ??
孫にも愛情ゼロとしか思えなかったが…。

初登場からのさちさんの不機嫌ぶり、嫌味っぷりは、この人チェリー山岡の母でありながら、
とても保守的な人で、女が仕事をするなんてけしからん!と
チェリーが仕事をしていることがずっと気に入らないのかしら???なんて思ってたけど
そんなことも無いようで。

すっかりあぐりのおかげで陥落。

あぐりのおかげでニコニコ笑顔の優しいお婆ちゃんにまで豹変していた笑

 

チェリー山岡もデレた

チェリーもすっかりデレ!

真知子があぐりに懐いたという弱みを握られたからある程度仕方ないとはいえ…。
あぐりの方が先輩ママかと思うようなデレ方!!

山岡家、家族間の対話無しにすっかり雪解け。
それは全てあぐりのおかげ。

あぐり、山岡家ですっかり無双!
さすがAK!

 

姉弟子も完全陥落。あぐり、無双

美容室もわずか2年ですっかり豹変。

あんなに意地の悪かった姉弟子たち、
バチバチだった派閥闘争もすっかり無い様子。

皆の接客もにこやかだったわ~。

コレもあぐりがいるおかげ、きっとー!笑

 

あぐりは通いになってけど…

あぐり、チェリー山岡の理解により、通いで修業を続けることになりました。

皆、素直に応援してくれたけど、
本当だったら、それなりに揉めるよね、きっとー。
あんな犯罪まがいの嫌がらせをしたり、それを隠したりして裏でギラギラ構想を繰り広げている人たちだから~。

美容師の世界の厳しさを表現したかったのだろうけど、ヤンキーの争いみたいになっちゃってたし。
今日はいきなり、「女性として応援♪」と拍手であぐりを受け入れる。

これもご都合展開よね。

しかし、チェリー山岡さん、淳之介と離れ離れでいることを心配してのことだけど…。
淳之介を東京に引き取ったとしても、あぐりの出勤中は誰が面倒を?
エイスケは絶対に信用できないよ!
子煩悩みたいだから淳之介が来たとなれば、ある程度はやってくれるだろうけど
女遊びは行かないとしても、作品に没頭したいときはあるはずだから。

そういうときはお隣まかせ?
それも、迷惑な話だよねえ。

またはカフェ・セ・ラ・ヴィを保育所代わり!?

カフェ・セ・ラ・ヴィの面々を見れるのは嬉しいけど、
それはさすがに営業妨害だよねえ。
編集部の仕事も忙しいわけだし…。
それにカフェは、子供を預けるには環境的にもよろしくない。

ということでその線は無いだろうけど…。

でもAKだから強引に誰かを犠牲にして、あぐりの思い通りにさせるんだろうなあ~。

ただ…本来あぐりだったら、住み込みの方がラク!とか言い出しそう笑
内弟子期間満了してからの方が、淳之介が成長するまで時間稼ぎできるもんねえ~。
住み込みで、もっと頻繁に休みが貰えればいいんじゃないだろうかwww